井戸掘りで実現する環境改善|理想に一歩前進しよう

業者選びが肝心

住宅

建物建設のときには、地盤の状態を把握するために地盤調査が行われます。その地盤調査を行う業者は多数いますが、その中できちんとした調査を行なってくれるような業者選びが必要になってきます。

More…

土地の地盤調査

作業現場

地盤調査は積極的に行ないましょう。専用の計測器を使用することによって簡単に行うことができるのです。時間もそれほどかからないため早い段階で調査結果を知ることができます。

More…

工事の種類

作業員

危険性のある地盤は早急に地盤改良をしましょう。軟弱地盤であった場合には、建てる構造物に欠陥が発生してしまうのです。安全性を確保するための工事の種類には様々なものがあります。

More…

温泉の場所

作業道具

温泉開発の平均的相場

温泉開発とは、温泉法に定められる温度や物質を有する地下水を掘削作業を行い、温泉として利用するための工事をいいます。まずは温泉開発の流れを紹介します。最初に、どこに温泉があるかの調査を行います。温泉があると判断されれば掘削許可申請を行い、掘削作業を進めます。温泉が出てきたら動力設置申請を行い、ポンプを設置し、給湯を開始します。最後に温泉利用許可申請を行い完了します。次は温泉開発の平均的な初期費用について紹介します。費用は調査費用と掘削費の2つに分かれます。調査費用は200万円から400万円が相場になります。掘削費用は、掘削の深さと地質によって異なります。例えば深度1000メートルで硬質の場合は5200万円が相場になります。

探し方の特徴について

温泉開発は温泉の場所を見つけないと成り立ちません。ここでは温泉を見つけるための探し方の特徴について紹介します。温泉探しは、まずは大きく捉え、だんだんと現場へ近づき、詳細を調べていくアプローチを行います。最初現地での調査をする前に地形図、地質図、周辺の温泉データをもとに事前調査を行います。次に現地に出向き地表地質踏査を行います。地表に露出している地層を観察しながら、湧水があるかどうか、温泉の兆候があるかどうか調査します。最後に装置を使っての調査を行います。電気探査とは地下の電気的性質を測定し、地層の種類による比抵抗値の違いから温泉の有無を判断します。電磁探査とは電磁場を使って地面の比抵抗値から温泉の有無を判断します。

井戸堀りの依頼をするメリット

温泉開発以外にも注目を集めているものに井戸掘りがあり、井戸掘りを行なっている専門業者に依頼することで井戸をつくってもらうことが出来ます。井戸掘りが注目を集めている理由としては震災などがあり、地震などがあった際は水の供給が停止してしまう可能性があります。その場合、水に困ってしまうのですが井戸があることによって水を確保することができるため困ることがありません。ですから、最近は井戸掘りを依頼する人が増えていると予測されます。